Home > ご利用案内

ご利用案内

3Fときわ大通(食堂・機能回復訓練スペース)

ご利用いただける方

 特別養護老人ホームは介護保険の施設です。 65歳以上の介護保険第一号被保険者及び40〜64歳の第二号被保険者で介護認定で要介護1〜5の方が入所できます。 常時介護が必要で、居宅での生活が困難な方が入所する施設です。

年間行事予定はこちら

介護サービスの種類

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

ご利用までの流れ

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
ご利用までの流れ

相談・入所
申し込み
・入所担当職員までご連絡ください。直接来所される場合は、担当職員が不在の時がございますので、お手数ですが予めご連絡をお願いいたします。
・遠方等の諸事情により来所できない方は、担当職員までご相談ください。
 (入所されるご本人が来所されなくても申し込み可能です)
・さくらの里との同時申し込みも可能です。
入所申し込
み時に必要
になるもの
・介護保険被保険者証(またはコピー)
・印鑑(ご利用者本人、お申し込み代理人)
・介護保険料の段階(段階か保険料金をご確認ください)
(指定の申し込み用紙・個人情報の同意書・認定調査票情報開示の同意書の記入をしていただき、入所される方の状況等の情報をうかがいます。)
検討・入所判定
 お申し込み時にご記入いただきました内容に基づき、北海道入所判定基準による順位付け(3ヶ月に一度程度)を行い、さらに入所判定委員会により、上位の方について検討させていただきます。
 空床が出た場合、入所判定委員会の結果に基づき待機者上位の方より順に入所のための連絡・手続きを行います。
開始 状況確認の連絡、面接を行い、入所判定会議開催(健康診断が必要となります)にて決定し、入所となります。

健康で自立した生活を送って
いただけるように適切な介護を
提供いたします。

ご利用対象者常時介護を必要とし、在宅での生活が困難な要介護1〜5の方
居 室2F 認知症棟(4人部屋8室、個室3室)
3F 一般棟 (4人部屋8室、個室3室)
食 事各階の食堂で食事を食べていただけるよう配慮します。
(体調不良等により居室での食事も可能)
入 浴リハビリ浴槽、臥床式浴槽、座位式浴槽
状態に合わせて週2回行います。
排 泄状況に応じて適切な排泄介護を行うとともに排泄の自立についても適切な援助を行います。
離床、更衣、
整容など
寝たきり防止のため、できる限り離床に配慮します。
生活のリズムを考え毎朝・夕更衣を行うよう配慮します。
理 容理容師の出張による理容サービス(有料)がご利用いただけます。
機能訓練日々の生活の中で身体機能の低下を防止するよう援助していきます。
健康管理嘱託医師により週1回診察日を設けております。(往診日)
主治医との連携により、看護・介護職員による日常健康管理に努めます。
面 会ご面会時間 午前9時 〜 午後8時
※ご事情によりお時間外でのご希望の方は別途ご相談ください。
洗 濯施設内洗濯室にて職員が行います。
外出・外泊前日までに職員にお申し出ください。

短期入所生活介護(ショートステイ)

ご利用までの流れ

短期入所生活介護(ショートステイ)
ご利用までの流れ

相談
 まずは、担当ケアマネージャーに利用希望日程や理由などをご相談ください。
担当ケアマネージャーより当施設の生活相談員へ利用問い合わせいただきます。
希望の日程で空床が無い場合はご利用いただけない場合もあります。
面接・検討
 直接施設にお越しいただく方法と、生活相談員がご自宅へ訪問させていただく方法があります。持ち物や入退所送迎時間などの詳しい内容の説明をさせていただきます。
ご利用に必要な調整を行い、ご利用時期が近くなりましたらご連絡いたします。
契約
 ご利用いただくために、ご契約書類やご利用にあたっての留意事項など詳しい内容をご説明させていただきます。(ご契約)
利用日程の調整を行います。
開始 短期入所生活介護のご利用開始となります。

在宅生活支援のひとつとして
短期間入所利用できます。

ご家庭で介護にあたっている方が、一時的に介護ができない時にご利用下さい。

ご利用対象者要支援1、2 要介護1〜5の方
健康管理看護・介護職員による日常健康管理に努めます。
送 迎ご希望により、リフト付バスの送迎をいたします。(有料)
ご利用期間中の生活は、特養入所生活の様子と同じです。
介護予防短期入所生活介護も実施しております。

通所介護(デイサービス)

ご利用までの流れ

通所介護(デイサービス)
ご利用までの流れ

相談
 まずは、担当ケアマネージャーに利用希望をご相談ください。担当ケアマネージャーより当事業所に問い合わせをいただきます。定員数の関係で希望の曜日にそえない場合もありますのでご了承ください。
面接
 担当ケアマネージャーの調整により、ご都合に合わせた日時を決め、ご自宅に伺わせていただきます。持ち物などの詳しい内容の説明を行い、ご理解いただいたうえでご契約となります。
検討
 ご利用に必要な調整を行い、ご利用時期が近くなりましたらご連絡いたします。
開始 通所介護の利用開始となります。

自宅での入浴に困っている方、
不安を感じている方

居宅介護支援計画(ケアプラン)に沿って、ご自宅までの送迎、入浴、昼食、ゲーム、手工芸などのレクリエーション、簡単な体操を行います。

ご利用対象者要支援1、2 要介護1〜5の方
ご利用日毎週 月曜日 〜 日曜日 (12月31日〜1月3日を除く)
ご利用時間午前9時30分 〜 午後4時35分 (相談に応じます)
送 迎ご家庭と施設の往復はケアプランに基づき施設のバスで送迎します。
ご利用希望者 利用ご希望の方は、担当ケアマネージャーまでご相談ください。
介護予防通所介護も実施しております。

訪問介護(ホームヘルパーステーション)

ご利用までの流れ

訪問介護(ホームヘルパーステーション)
ご利用までの流れ

相談
 まずは、担当ケアマネージャーに利用希望をご相談ください。担当ケアマネージャーより当事業所に問い合わせをいただき、なるべくご希望の曜日、時間等を検討させていただきます。
面接
 ご家族さまの都合に合わせて、日時を決め、ご自宅に伺わせていただきます。ケア内容の確認や契約にあたっての説明を行い、合意により契約となります。
検討
 ご利用に必要な調整を行い、ケアする日が決まりましたら連絡いたします。
開始 ケア開始日が利用開始日となります。

ご自宅で清掃、調理、入浴等で不安のある方、介護疲れのある方

自宅で掃除、調理、買物等で困っている方、一人での入浴に不安のある方、介護するのに疲れている方、まずは相談してください。

ご利用対象者要支援1、2 要介護1〜5の方 身障者の方
ご利用日毎週 月曜日 〜 日曜日 (12月30日〜1月3日を除く)
ご利用時間平常 午前8時 〜 午後6時 (相談に応じます)
ご利用希望者 利用希望の方は、担当ケアマネージャーまで相談ください。
介護予防訪問介護・障がい者自立支援法の居宅介護・重度訪問介護・同行援護もおこなっております。

訪問看護ステーション

ご利用までの流れ

訪問看護ステーション
ご利用までの流れ

相談
担当ケアマネージャーに利用希望日や理由などをご相談下さい。
面接
訪問看護職員がご自宅へ訪問させていただきます。
検討
ご利用に必要な調整を面接時に行います。
開始訪問看護利用開始となります。

家庭における療養生活を続けられるように看護をご提供いたします。

「住みなれた家で療養したい」という方に看護師が家庭における療養生活を続けられるように看護をご提供いたします。

ご利用対象者医師が訪問看護を必要と認めた方で、医師の指示書が必要となります。要支援1、2 要介護1〜5の方
ご利用日毎週 月曜日 〜 金曜日
(土、日、祝祭日、12月30日〜1月3日を除く毎日)
ご利用時間午前9時00分 〜 午後6時00分
ご利用希望者 利用ご希望の方は、担当ケアマネージャーまでご相談下さい。
介護予防訪問看護・医療保険対象の訪問看護も実施しております。

居宅介護支援事業所

ご自宅にて、明るい笑顔で
過ごせるよう支援いたします。

ご利用対象者介護保険で要支援認定・要介護認定をされた方
ご利用日毎週 月曜日 〜 土曜日 (12月30日〜1月3日を除く毎日)
ご利用時間午前9時00分 〜 午後6時00分
(緊急時は0154-47-2525にて24時間対応)
内 容ご本人様、ご家族様のニーズに合わせた、各サービスの連絡調整を行います。